【 IWJ設立一周年・新創刊記念シンポジウム&パーティー ~ 饗宴Ⅱ symposion ~ 】

【ゲストの皆様のプロフィール】(順不同)
  武田邦彦(たけだくにひこ)
中部大学教授/《略歴》1943年東京都生まれ。東京大学教養学部基礎科学科卒業。同年、旭化成工業(株)に入社、1986年同社ウラン濃縮研究所長、1993年より芝浦工業大学工学部教授を経て、2002年より名古屋大学大学院教授,2007年より現職。物理化学的手法を用いた原子力、材料、環境などの研究と倫理などを研究。専門は資源材料工学。ブログや講演会、テレビでの発言が注目を集めている。「放射能列島  日本でこれから起きること 誰も気づかない環境被害の真実」など著書も多数。
矢ヶ﨑克馬(やがさきかつま))
琉球大学名誉教授/《略歴》1943年東京生まれ、長野県松本育ち。名古屋工業大学計測工学科卒業、広島大学大学院理学研究科(博士課程)物性学専攻単位取得満期退学。理学博士(広島大学)、琉球大学理学部教授、琉球大学極低温センター長、日本学術会議物理学研究連絡委員会委員、琉球大学学生部長、琉球大学理学部長などを歴任。2003年より原爆症認定集団訴訟で「内部被曝」について証言を行う。現在も内部被曝の危険性について研究・発言を続けている。主な著書に「隠された被曝」「ひろがる内部被曝」など。
鈴木宣弘(すずきのぶひろ)
<略歴> 東京大学 大学院 農学国際専攻 教授 農学博士 1958年三重県生まれ。1982年東京大学農学部卒業。農林水産省、九州大学教授を経て、2006年より現職。専門は、農業経済学、国際貿易論。日中韓、日コロンビアFTA産官学共同研究会委員、関税・外国為替等審議会委員。主著に、『震災復興とTPPを語る-再生のための対案』(共著、筑波書房、2011年)、『TPPと日本の国益』(共著、大成出版、2011年)、『食料を読む』(共著、日経文庫、2010年)、『現代の食料・農業問題―誤解から打開へ』(創森社、2008年)等。
首藤信彦(すとうのぶひこ)
衆議院議員  神奈川県第7区(横浜市港北区・都筑区)選出  外務委員会所属  海賊・テロ特別委員長 /《略歴》1945年旧満州大連市出身。慶應義塾大学院経済学研究科博士課程修了。伊藤忠商事勤務後、東海大学教授、米国ジョンズホプキンス大学SAIS客員研究員、米国メリーランド大学CISSM客員研究員。平和構築に注力し、自らNGOインターバンドを立ち上げ、各国の選挙監視活動等を行う。2000年夏から衆議院議員として政治活動をスタート、現在は三期目。近著に『政治参加で未来を守ろう』(岩波書店、2006年)他。
孫崎享(まごさきうける))
元外交官。元防衛大学教授/《略歴》1966年東京大学法学部中退、外務省入省。英国(2回)、ソ連(2回)、米国(ハーバード大学国際問題研究所研究員)、イラク、カナダ勤務を経て、情報局分析課長、駐ウズベキスタン大使、国際情報局長、駐イラン大使を歴任。2002年、防衛大学教授に転出、2009年3月退官。著書に『「日本の国境問題  尖閣・竹島・北方領土」『日米同盟の正体~迷走する安全保障』など。日米同盟の現実を鋭く告発し続けている。
高橋 博子(たかはし ひろこ)
広島市立大学広島平和研究所講師/《略歴》1969年、兵庫生まれ。2008年より現職。専門はアメリカ史。2003年9月、同志社大学文学研究科より博士号(文化史学)取得。広島 平和記念資料 館資料調査研究会委員、都立第五福竜丸展示館専門委員、グローバルヒバクシャ研究会共同代表、ヒロシマ平和映画祭実行委員。著書に『封印され たヒロシマ・ ナガサキ――米核実験と民間防衛計画』(凱風社、2008年)、「安全神話はだれが作ったのか」(『現代思想 特集=東日本大震災』、 2011年5月 号)、共編著に『ヒバクシャと戦後補償』(凱風社、2006年)など。2008年、第2回日本平和学会・平和研究奨励賞受賞。

(c) 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル 2011 お問い合わせ:iwakami.office@iwakamiyasumi.net